使い分ける|Googleアナリティクス を使う┃情報分析に役立つ
システム

使い分ける

レディー

Googleアナリティクス の有料版と無料版の違いで一番大きいのは、毎月にかかる使用料金です。無料版の場合は、月々の支払いが必要ないので無料で使うことができますが、有料の場合毎月130万円支払わなければいけません。ひと月で130万円ですから、年間計算をすると膨大な金額になります。しかし、有料版の場合は無料版と違って様々なサービスを使うことができます。例えば、有料のGoogleアナリティクスの場合、企業が運営しているメディアに異常があった時には営業時間外でも対応してもらうことができます。会社の広告をしているメディアですから、アクセスすることができなくなってしまうと大きな損害に繋がります。そのため、緊急時の対応は必要不可欠といえるでしょう。その他にも、お客様窓口で対応してもらうことができるといったメリットや、教育トレーニングを受けることができるといったメリットがあります。こういったサービスを受けることができれば、より良いメディア広告を作ることができるでしょう。

Googleアナリティクス の有料版を使えば、毎月のヒット数を伸ばすこともできます。無料で使うことができるGoogleアナリティクス でも、それなりにヒット数を上げることはできますが、有料版の場合は10億ヒットに成長させることができるのです。ヒット数が伸びれば、アクセス数を伸ばすこともできるので多くの人にアクセスして欲しい企業にとっては、最適の方法でしょう。